懐かしの本郷キャンパス、学生会館で現役吹奏楽部部員とOB・OGたちの交流会が行われました。総勢120名もの参加者がありました。上は創設時メンバーから現役部員となると、60歳代から18,9歳・・・です。久しぶりの本郷キャンパスは、近代的なビルがあちこちに建っていてすっかり様変わりしていましたが、一番奥にある学生会館まで来ると、タイムスリップしたように古色蒼然の当時の学生会館そのままが現れてきました。

創設当時から趣の変わらない本郷の学生会館

創設当時から趣の変わらない本郷の学生会館

現役部員たちがプラカードを持って立ってくれました。

現役部員たちがプラカードを持って立ってくれました。

 

 

 

 

 
15時からは演奏交流会
1.オーメンズオブラブ
2.アルメニアンダンス パート1
3.仮面舞踏会より ワルツ
4.WHERE EAGLES SOAR
5.そりすべり
現役部員に加わり、卒部下ばかりの社会人1年生からOB・OGたちも楽しそうに演奏していました。「しばらく吹いてなくても、意外に覚えているもんだ・・!】という人たちや、「楽譜が難しすぎてもう無理だあ~」という年配の人たち。皆が、楽しそうに演奏し、楽しそうに聴き惚れていました。20Cl. 森下さん、22Tb.中村さん、18Cl.後藤さん、23さんがそれぞれ指揮をし、そりすべりでは楠山氏の前任の指揮者酒井氏が指揮をしてくれました。酒井氏いわく「皆、うまくなっているけど、当時30人くらいで演奏していた東大吹奏楽部の中身と同じものが感じられる」とのことでした。

二食での演奏会。現役も飛び入りのOB達も混じって…

二食での演奏会。現役も飛び入りのOB達も混じって…

昭和47年~55年までの常任指揮者の酒井氏が指揮をしてくれました。

昭和47年~55年までの常任指揮者の酒井氏が指揮をしてくれました。

 

 

 

 

 

 

17時半から交流パーティ
演奏会終了後は、2階の二食に会場移動して、交流食事会が行われました。パートごとの島に分かれ、きゃぴきゃぴの現役学生に祖父母のような創設当時のメンバーなどが混ざり合って、歓談しました。同じ吹奏楽部で、同じ楽器で青春したという共通点が、世代を超えて結びつけて、大いに盛り上がっておりました。大阪から駆け付けてくれたOB会会長本所敬二氏(47Tb.)の挨拶もありました。応援団から分離独立して、クラッシカルな吹奏楽を演奏したいという熱い思いで、20数名から始まった東大吹奏楽部が、今や100名を超す大所帯・・というのは感慨深いものがあります。

総勢120名近くの現役部員・OB・OGが集まってくれました

総勢120名近くの現役部員・OB・OGが集まってくれました