6月9日(日)、懐かしの本郷キャンパス学生会館で第4回 現役×OBOG交流会が行われました。。現役生、卒業して10年くらいの若手OBOGがほとんどですが、60歳代超えの超シニアに加え、今年はS58生、S60生が声かけあって参加してくれました。だんだん定年に近づき余裕がでてくる年代でしょうか? こうして、年円シニアの参加者が増えていくことを期待しています。

90名近い参加者が、1、アルセナール、
2、美女と野獣
3、海の男達の歌
4、ディープパープルメドレー
5、そりすべり
を有志の指揮者のもと、演奏しました。中には、調子が合わず「〇〇番からお願いします」と、再度要請が出たりの場面もありました。かつて演奏したことのある若手や現役生に交じって、シニアの参加者は、「初見大会・・・!」と汗をかいていました。シニアなれど、現役で演奏を続けている人や、定年を控え、楽器を新たに始めてみよう…などの人もいたようです。

16時からは、2回の第二食堂に場所を移して、食事会が行われました。最初は、パートごとの島を作り、老いも若きも、顔見知りも、はじめまして…の人もが、楽しく語らいました、やはり、同じクラブを経験した仲は、あっという間に20歳代の青春時代に戻っていけるのがすごいことです。

企画してくれた現役生の労を感謝するとともに、少しでも東大吹奏楽部の活動に関心を持ってくれる人が増えてくれることを期待します。

2年後の50周年記念行事に向け、意気軒昂です。